補助金と助成金の違い

補助金 助成金
企業が対象 従業員が対象
経済産業省 厚生労働省
税理士 社労士
審査がある 審査がない
30%程度 100%(※)
1ヶ月以内 1年間

補助金も助成金も、国や地方公共団体から支給されるもので、原則返済する義務のないお金のことです。
「助成金」と呼ばれるものは要件を満たせば受給できる可能性が高いです。要件を満たした事業者には原則給付されます。
これに対して「補助金」は採択件数や金額が予め決まっているものが多く、申請したからといって必ずしも受給できるわけではありません。
申請が30社に対し、採択予定件数が10社であれば、20社は審査で落ちてしまうことになります。

補助金/助成金は、厚労省管轄は約50制度位ですが、経済産業省管轄・他省庁管轄・各都道府県が独自のものを含めると数千種類もあります。
数が多く、全ての補助金/助成金を把握している専門家はいません。

意外と知られていない助成金・・・
有効活用をすれば経営にとって非常に役立つものが多数あります。
各省のホームページを見ても非常にわかりづらく、自力で申請するには非常に労力がかかります。

弊社では、研修をお申込みのお客様に対し、受給条件の確認や申請書類作成をサポートいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

フローチャート

※クリックorタップで拡大可能


受給条件

  • 正社員を1名以上雇用している
  • 雇用保険、社会保険を支払っている
  • 半年以内に解雇していない
  • 残業代未払い等の労務違反をしていない
  • 犯罪を犯していない
  • 過去に不正受給をしていない